地域活動情報

市と町を越えてのはだかみこしの交流

情報通信員:佐藤芳伸 大場自治会 郷土芸能、伝統行事コミュニティまつり等イベント 三島市
  • 代表者名
    自治会長 増島良一さん
  • 開催月日
    平成29年7月1日(土)17時~22時
  • 開催場所
    大場公民館、大場神社、大場地区全域
148

趣旨・目的

 五穀豊穣・無病息災を願う古くから伝承された祭りを守り続けることを通じて住民同士の絆を深める。

活動内容

 大場八坂神社のお祭り、お天王さんが7月1日に開催された。ふんどし姿の男衆が荒縄でグルグル巻きにしたお天王さんの祠みこしを担ぎ町内全域を練り歩く荒祭りである。 大場地区は広く、4~5キロは担ぐ。  中でも、隣の函南町間宮のみこしと市境で競り合うところでは、住民からびしょぬれになる程水を掛けられ、男衆の声の掛け合いと練が激しさを増し、住民は大いに盛り上がった。  今後とも地域住民の無病息災の願いを届けるとともに、隣町との伝統行事を継承していく。

活動の特徴

・大場と間宮では数年前に偶然、みこしが出会った。これをきっかけに、毎年場所と時間を合わせて合流し、大声を上げて激しく神輿担ぎを競い合っている。 ・前垂れ無しのふんどし姿を守り続けている。 ・縄づくり、縄編み、祠への縄からげなど、次世代に伝えるために「縄からげ保存会」を発足している。 ・18時30から市町境界に出逢うようにして、お祭りを盛り上げている。
Copyright © 2018 静岡県コミュニティづくり推進協議会 All rights reserved.