地域活動情報

ちゃっきり母ちゃんのダンベル体操

情報通信員:渡邊政幸 ダンベルの会 スポーツ・健康づくりボランティア活動 菊川市
  • 代表者名
    木野澄枝
  • 開催月日
    週 1回 毎週日曜日 19:00~
  • 開催場所
    牧之原農村婦人の家
150

趣旨・目的

・地域の女性が家にこもることなく、同じ楽しみを共有し、コミュニケーションを図りましょう。 ・みんなで楽しく活動し、健康づくりをしましょう。

活動内容

 ダンベルの会は、菊川市牧之原地区に住む60代~80代の茶農家14人のお母さんたちが、「ダンベル体操」をしながら地域を盛り上げている。  平成20年健康づくり推進協議会主催の”ながら体操”の講座を開催したのがきっかけで、そこで出席したお母さんが集まり、翌年の21年に立ち上がった。 毎週日曜日の夜、1Kのダンベルを持って、榑林みつ子先生の指導のもと、音楽に合わせて楽しく体操している。  ダンベル体操だけでは物足りなくなったダンベルの会は、「七福神」にも挑戦し、手作りの衣装で牧之原納涼大会や地区のフェスタ、敬老会などに出演し、「福」を撒いている。 また、デーサービスへの慰問は、グループにとって元気をいただき笑顔になる学びの活動となっている。

活動の特徴

 平成24年から牧之原農村婦人の家で、麹を作って「手作り保存食」を推進し、フェスタでは塩麹や甘酒のレシピ付で販売し大好評でした。  ダンベルの会は、健康づくりはもちろん仲間がいることで、農繁期の忙しい中でもお互いに声を掛け、優しさのキャッチボールができることである。  ダンベルの会の良さは、何と言っても「疲れるまでがんばらない」こと(笑)
Copyright © 2018 静岡県コミュニティづくり推進協議会 All rights reserved.