地域活動情報

駿河の白隠さんを世界に発信

情報通信員:山崎崇徳 駿河白隠塾 地域文化活動 沼津市
  • 代表者名
    長澤一成さん
  • 開催月日
     年 2回
  • 開催場所
    プラサヴェルデ(ふじのくに千本松フォーラム)など
151

趣旨・目的

白隠禅師の数々の偉業の中で、特に文化的な側面を日本国内外に広く伝えること。

活動内容

「駿河には過ぎたるもの二つあり 富士のお山に 原の白隠」と謡われた臨済宗中興の祖、白隠禅師は多くの名僧を育て、また「禅画」などを通して民衆にもわかりやすく禅の教えを伝えました。 人気は海外にも及び、著名なミュージシャンや経営者に影響を与えました。平成24年に渋谷のbunkamuraにて開催された白隠展は大盛況。再評価の機運が高まり、地元沼津市にて「駿河白隠塾」が立ち上がりました。 国内外の著名な研究者などを招いた「白隠塾フォーラム」を定期的に開催し、白隠さんの文化的な功績の啓もう普及活動を行っています。

活動の特徴

会員は地元が半数を占めますが、京都や和歌山そして海外にも会員がおり交流しています。禅画や歌に込められたメッセージを読み解くヒントを提示することで、白隠の教えを学ぶ人に還元していきたいと思っています。  今後の会の夢は、白隠さんの教えが海外にも普及していることから、フォーラムを海外の場で行うことだそうです。
Copyright © 2018 静岡県コミュニティづくり推進協議会 All rights reserved.