地域活動情報

静岡県コミュニティづくり推進協議会 > 地域活動情報 > 地域文化活動 > 万葉食提供を通じて万葉食文化普及啓発

万葉食提供を通じて万葉食文化普及啓発

情報通信員:佐藤勝彦 浜北万葉食研究会「月草の会」 地域文化活動食育活動 浜松市浜北区
  • 代表者名
    野中正子さん
  • 開催月日
    年間を通じて食事を提供、月の宴、花の宴、万葉講座 など開催
  • 開催場所
    万葉の森公園万葉亭
157

趣旨・目的

万葉食を通じて万葉文化にふれる。偉大な文化遺産と言われる万葉集とその歴史風土にまつわる食の提供。万葉文化の普及啓発。

活動内容

食推協の仲間とのウォーキングで、、万葉物の森公園の建物にある建物に調理場がある事を知り、「自分たちで何かできないか、万葉の食事を作れないか」と思ったことがきっかけに始まった。 平成6年に万葉食研究会「月草の会」を結成した。現在12人で予約制の食事の提供を行っている。 万葉時代に食べられていた食事について、発掘遺跡や木簡、万葉歌4516首を調べ、当時の食材や調味料、調理方法を調べ、現代で出来る古代の味付けを研究しり、食材そのものを活かす調理を考えた。 農業漁業者の協力を得るも、当時の食材を手に入れることは難しい。

活動の特徴

食材採取や調味料作りも会員で行っている。野草を育てて碁石茶、醤、蘇、浜納豆、ジュンサイやワラビの採取、カヤ、ヒシ、クルミ、柿の採取と加工をし、その体験と当時の植物の説明をしている。 万葉コンサートや万葉食体験講座、研修旅行、万葉食の企画行事も行っており、会員皆で楽しんで活動している。古来在来種を守る運動と私たちにしかできない食事の提供をするために研鑽を深めていく。 平成18年 地域文化活動努力賞受賞 平成26年 地区活動で区長賞と浜松市長受賞
Copyright © 2021 静岡県コミュニティづくり推進協議会 All rights reserved.