地域活動情報

静岡県コミュニティづくり推進協議会 > 地域活動情報 > 住民ふれあい活動 > 地域住民と女子サッカーチーム ラジオ体操がつなげた縁

地域住民と女子サッカーチーム ラジオ体操がつなげた縁

情報通信員:安部詠司 南地区地域づくり協議会 住民ふれあい活動スポーツ・健康づくり 磐田市
  • 代表者名
    吉添繁雄さん(磐田南交流センター長)
  • 開催月日
    週 2回  土、日 毎年12月、1月、2月を除く 
  • 開催場所
    磐田市南交流センターグランド
159

趣旨・目的

ラジオ体操を通して地域交流、世代間交流を進めるとともに、地域のボランティア人材の発掘や育成につなげる。

活動内容

平成28年から始まった南地区の「みんなでラジオ体操」には、地域住民の他になでしこチャレンジリーグに所属する静岡アスレジーナと静岡産業大学女子サッカー部の選手が参加している。 ラジオ体操への参加が契機となり、住民による応援の輪が広がった。選手たちから「ホーム戦の応援に来てくれる人も増え、いつも力をもらっている」と戦いの原動力になっている。 住民らは「夢に向かって走れ」などと記した自作横断幕をもってホーム戦に駆けつけるようになった。選手も試合結果をラジオ体操の場で報告するなど、両者の親交は深まっている。

活動の特徴

夏と冬にラジオ体操イベントを開催。イベントでは選手とのレクリエーションやお楽しみ抽選会を行っている。 選手は、運動会など遠征日などを除いて参加を続けている。一般の参加者は高齢者が多い。 「選手からとても元気をもらっている」と吉添繁雄センター長は話していたのがとても印象に残りました。
Copyright © 2021 静岡県コミュニティづくり推進協議会 All rights reserved.