地域活動情報

地域の財産「ささゆり」を守ろう

情報通信員:寺田敏幸 郷南ささゆり保存会 自然保護・保全活動 湖西市
  • 代表者名
    小笠原駒広さん
  • 開催月日
    鑑賞会5月中旬~6月中旬
  • 開催場所
    湖西市新居町中之郷上水道配水場
162

趣旨・目的

「ささゆり」保存活動を通し、地域住民の共働と自然保護の大切さを実践する。

活動内容

 上水道施設の斜面に「ささゆり」の苗を見付け、平成24年に郷南地区有志が「地域として保存を」と会を結成しました。殖やすことが難しい花であるが、先進地へ育苗の指導を受けに行き、現在では約600本の花が咲きます。開花期間は約1ケ月と短いが、会員の創意工夫で株を増やしています。  5月中旬から6月中旬まで「ささゆり鑑賞会」を開催するが、現在では地元自治会の後援を受けています。新居町駅から徒歩15分穂どのため、JR利用で訪れる方も多いです。

活動の特徴

 年3回の草刈り、見学者の為の遊歩道整備、種摘み・種蒔などの作業をしています。開花まで約10年を要するため地道な活動となりますが、開花時の清楚な花と匂いに癒されて続けていきます。  開花状況にもよるが「ささゆり鑑賞会」を令和3年5月15日(土)からと予定。令和2年度は中止にも拘らず見学者が340名ほども訪れました。
Copyright © 2021 静岡県コミュニティづくり推進協議会 All rights reserved.